FJの歴史

              (IFJOHistoryの翻訳)

 

 

「フライング・ダッチマン・ジュニア」が設計され、誕生したのはオランダで、設計者はヴァン・エッセン氏、オランダの著名なヨット設計者です。更に、コンラート・ギュルヒャー氏も共同設計者として名前を連ねています。オランダのオリンピック選手です。

この二人はフライング・ダッチマンも共同製作しています。ギュルヒャー氏は長年このFDFJ両国際級艇種の理事長として発展の原動力となり、1989年に死去するまで、活躍されました。

最初のFJはコールド・モールデッド(冷熱成形)木造艇で、1955年12月に試乗されました。

 

「フライング・ダッチマン・ジュニア」の元来の目的は、当時のオリンピック新艇種「フライング・ダッチマン」(FD)の練習艇でした。FDFJより遥かに、大きく(607cm)、速く、体力も必要でした、

FJの建造規則は、FDと同じく、技術革新を多く許容しました。これは現在でも続いています。複雑なチューニング、マストのレーキやベンドなど、トップレベルのレースに欠かせない重要な項目を初心者に教えるのに、FJは理想的でした。この点は昔も今も変わりません。

 

  1955年12月  オランダ

  スキッパーはC.ギュルヒャー氏 (推測)

 

FJは自主的に発展を続け、クラスの名称も、「フライング・ジュニア」にすぐ変わりました。1960年頃にはFJ協会は、FD協会から独立して自由になっています。

FJは、「IYRU国際級」の地位を取得した。1970年代の初めには、「フライング・ジュニア」は、国際ヨットレース連盟(IYRU)から「国際級」という高い地位を与えられています。IYRUISAFの前身です。この名誉ある地位を与えられる艇種は限られていて、その条件としては、厳密なワンデザイン建造規則を持っていること、世界中に普及していること、世界選手権、大陸選手権のような国際レースを定期的に開催することが挙げられます。国際セーリング連盟(ISAF)(IYRUの後身)が国際FJ級規則を管理します。FJは国際級なので、艇のデザインの管理権は国際セーリング連盟にあります。今日(2000年)現在、国際FJ級は日本、ドイツ、イタリー、ベルギー、オランダ、アメリカ合衆国で帆走しています。

FJのクラスルールでは、デッキのデザインは自由です。デュッセルドルプ社製のFJはダブルボトムを採用し、海や湖など水面での帆走に適しています。トランサムが抜けているので、大量の水が艇内に入ってきてもすぐに出ていきます。このタイプの艇は、少なくとも最初の15年間、最も速いFJでした。レースでも今なお健在です。だれが建造してもよい。個人でも会社でもよい。FJのクラスルール(建造規則)は、最初からこれを認めています。

 

クラスルールの進化 ―― クラスルール改定の主なものを列挙

 

     1960年代初期、艇速を上げる目的で、マストを長くした。また、ブームを高くして下の空間を広くした。

     1970年代初期、「フライング・ジュニア」は「国際フライング・ジュニア」となった。これにより1972年以後に建造されたFJは、IYRUの「造艇者納付金支払済」の金属製銘盤をコックピットに貼め込むことが義務となった。IYRU著作権を納付したという証明になる。この納付金が国際級艇種の唯一の収入源です。

     1980年、「ジュニア」という名称は、実際の使用実態に合わないという意見が出てそれが通って「国際FJ」という名称になった。

・ 1980年代には、更に、スピンネーカーを大きくした(7.4u→8.1u)。また、スピンセールのシェイプカットを認めた。(それまでののルールでは、スピンは2枚の平面の布と規定していた)。この新ルールで、サイズが大きくなったことに加え、スピンネーカーが球形になって、スピードが大いに増加した。

     1990年、クルーにトラピーズの使用が許可された。(アメリカでは1994年)。

正式には、トラピーズ使用年齢12歳以上となっている。